交通事故はあなただけの自損事故と他人が巻き添えになった事故があります。

自損事故の状況では自分だけで事故の処理をすることで終わりますが、別の人に影響を与えた交通事故はそれぞれにどの程度落ち度が存在したのかを調べてその状況によって愛車の修理の費用や示談のお金の金額等が決定しますので、車の保険屋さんの担当者にも参加してもらい協議が必要となります。

一般的な自動車の事故状況で、それぞれに多少の責任がある場面が普通で片方だけの落ち度が問われるという状態は少ないようです。

言うまでも無く信号を無視してしまったり一旦停止無視のような違反があって起こった事故なら多大な責任がありますが被害を受けた側にも落ち度があると判断されます。

車での事故の際にはどの人の間違いが原因かというのがかなり重要にされるのでその判断をみんなに分かりやすく示したのが過失割合と呼ばれるものです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

仮定として、前述した赤信号無視や一旦停止無視場合であるならば、交通法であれば事故を起こした側に10割責任があると思えますが、その状況で事故の原因になった車が正面からこちらに向かってきていて目で確認できた場合だとすれば自動車事故の被害者でも注意不足であったとして10%程度の間違いがあると判断される可能性もあります。

よってこの状況では事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた人が1割過失割合と言われ間違いが大きいとそれなりのミスが問われたりします。

もっといえばこの割合昔の車の事故の判例をものさしとして決められる時が往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準となる表が目安として用いられています。

このような過失割合の、割合が大きければ大きいほど落ち度要するに損害賠償額も大きくなると考えられるので話し合いは事故に関わった人だけでなく車の保険の担当の人を交えきっちりと交渉することが不可欠です。