ありふれた経験の浅い方向けの外国為替証拠金取引の情報では、「損をした場面ではナンピン買いで、平均の買い付けコストを小さくする」等と述べられているが、現実にはそれにはかなりのリスクが潜んでいます。ハタラクティブハケン

ナンピンの原理に関して説明しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。

$買いということで、円安ドル高に推移するほど黒字を得られますが逆に1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。

そのまま所有し続けたら損失が戻るためにはマイナス分、円安に向う必要があります。

誰もが、損失は早急にリカバリしたいと願います。

これを解決するため最初に売り買いしたのと同じ量の$を1ドル=95円でエントリーします。

それで、ポジションの単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

つまり、2円50銭の幅でドル高が進行すればマイナスを取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピン買いの方法です。

このように、ナンピン買いのやり方を耳にすると、「もっともだ」という気分になるが、外国為替市場はそう易々と問屋を卸してくれない。

そもそも、1ドル95円が底値だということなど、分かるわけがありません。

マーケットが強い円高の流れだとすると1ドル=95円では収まることなくさらに円高になるリスクは高くなります。

ひとつの例として、97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル95円までドル安に向ったら、ナンピン買いを入れたポジションも赤字が生まれてしまいます。

この状況では、最初に注文したドルと合わさって、更なるマイナスが生まれる事になります。

この例のように、ナンピンはややこしいです。

であるなら、為替が自分自身の台本とは反対にみるみる進んだ場合どのような方法で危機を軽減すればいいのでしょうか。

こういう状態で選択する手段は2つあります。

まずひとつは観念して損を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては自分が保有している買いポジションを小さくする事で為替がリカバリするのを何もしないで待機する事だけです。

ちょっと消極的な方法だとみる方もいるでしょう。

だが、自分が保持しているポジションにマイナスが生まれた場合一番危険の少ない対策はこれ以上のものはあるはずがありません。

理論上はナンピンをするという方法も有効です。

しかしナンピンは損をしているのに買いポジションを無くすどころか、それとは逆にポジションを買い増していく方法です。

それでは、危険性を回避することなどどう考えても不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、それより前に投資資金がショートしてしまいます。